1. トップページ
  2. 製品一覧
  3. ポリエチレン圧送管 : クリモトポリフュージョン管 - よくあるご質問

PE露出配管・継手(ISOサイズ)ポリエチレン圧送管

クリモトポリフュージョン管

  • PE
対応サイズ

OD25~500

  • 特長
  • ソリューション・事例
  • 仕様
  • よくあるご質問
  • 資料

クリモトポリフュージョン管システムのよくあるご質問

クリモトポリフュージョン管はスラリー配管にも使用可能ですか?

使用可能です。粗度係数が0.01であり、SGP管などと比較してスケールが付きにくいです。

クリモトポリフュージョン管は、流体が水の場合、温度はどれくらいまで使用できますか?

-40℃~60℃の範囲で使用可能です。流体温度で耐圧性能が変わります。

クリモトポリフュージョン管は外観から見て、配管の取り替え時のサインはありますか?劣化の診断方法があれば教えてください。

外観からの判断としては、亀裂などの裂傷・座屈・ボイドなどが判断材料となります。

クリモトポリフュージョン管の溶着途中、インジケータが出なかった場合はどうするのですか?

その場合は溶着不良となりますので、パイプ部分を切断し、最初からやり直してください。

クリモトポリフュージョン管は下水道用途で使用できますか?

JSWAS規格に準拠していないため、基本的には使用できません。ただし、規格が適応されない箇所での使用であれば、配管性能は同等ですので使用には問題ありません。

クリモトポリフュージョン管のEF継手を融着中に停電が発生しました。通電時間は2~3秒でしたが、再使用しても問題ありませんか?

融着を中断した後の継手再使用は、時間の多少に関わらず原則禁止としております。お手数ですが、新しい継手で再度ご施工ください。

クリモトポリフュージョン管は配管に部分補修が発生した場合、どのように継手を交換すれば良いですか?

EFカプラーの場合、継手内中央部にパイプストッパーが数本突起しておりますので、これらをカッターやマイナスドライバーなどで取り除くことにより、やり取り継手として補修部分で使用します。

クリモトポリフュージョン管のEF継手に他社の融着工具は使用可能ですか?

ISO規格継手用のバーコード読み取り機能がついている機種で、コネクタピンのサイズが4.7mmであれば使用可能です。

クリモトポリフュージョン管の施工方法は指導してもらえるのですか?また、修了書の発行はできますか?

施工指導を行います。また、講習後には修了証書も発行させていただきます。

クリモトポリフュージョン管は他社の同等製品との継手互換性はありますか?

ございますが、EF接続の場合継手のピンサイズに注意が必要です(4.0mmと4.7mm)。当社では4.7mmのもの用意しております。

クリモトポリフュージョン管を施工する機械工具は熟練者でないと使えませんか?

使用マニュアルがあり、その通りお使いいただければ、どなたでも作業が行えます。

クリモトポリフュージョン管は既設配管との接続は可能ですか?

小口径はネジ変換、中口径はフランジにて変換できます。

クリモトポリフュージョン管の使用検討に必要な情報を教えてください。

口径、圧力、流体温度、雰囲気温度、既設配管材質が必要となります。

クリモトポリフュージョン管とJIS管の接続時に注意する点を教えてください。

フランジでの接続については、外径・呼び寸法をご考慮ください。流量計が装置されている場合は、内径差が生じるため、設計者に確認してください。

クリモトポリフュージョン管の最低土被りはいくらですか?(輪荷重ありの場合)

基本的には60cmですが、埋設条件を確認していただき、その後、強度計算されることをお勧めします。

クリモトポリフュージョン管の耐久年数を教えてください。

埋設環境下では50年です。露出配管の場合は、環境にもよりますが約30年程度です。

クリモトポリフュージョン管の伸縮処理の仕方と計算方法を教えてください。

流体がマイナス域の場合は伸縮処理の必要はほとんどありませんが、常温を超えたあたりから変化します。当社技術資料を参照ください。

クリモトポリフュージョン管は粉体を流しても大丈夫ですか?

ポリエチレンは絶縁性が高いため、管内に粉体を流下させると、摩擦により発生した静電気が帯電し粉塵爆発を起こす恐れがあります。そのため粉体への利用は不可としております。水分を含有したスラリー状であれば問題はありません。

クリモトポリフュージョン管は断熱性について使用可能温度が-40°~60°までとありますが、パイプには断熱性があるとしても、内部の流体はどうなりますか?管内径に左右されると思いますが、凍結するのでしょうか?

年末年始など、工場停止している場合など、現状の配管では断熱材を巻かないと凍結してしまいます。 流体が流れる状態であれば凍結はしにくいです。流体が停止した場合、内部の流体と外気温の関係で凍結する可能性はありますが、管は割れずに膨張します。

クリモトポリフュージョン管は飲料水の配管としても使用可能ですか?

基本的にJWWAの範囲外での使用用途となります。ただし、工場内の手洗い場などに採用実績がございます。

クリモトポリフュージョン管にエアでの機密テストを行う際、圧力を上げていけば管が膨張して圧が落ちますが、何気圧まで落ちるのが許容ですか?

お客様の要望を聞きながら対応していますが、エアの場合、基本的には1時間経過後設定圧の70%となります。

  • 特長
  • ソリューション・事例
  • 仕様
  • よくあるご質問
  • 資料

ページのTOPへ

商品一覧