1. トップページ
  2. 製品一覧
  3. ポリエチレン圧送管 : クリモトポリフュージョン管 - 特長

PE露出配管・継手(ISOシリーズ準拠)ポリエチレン圧送管

クリモトポリフュージョン管システム

  • PE
対応サイズ

OD20~1000

  • 特長
  • ソリューション・事例
  • 仕様
  • よくあるご質問
  • 資料

導入メリット

  • 錆と無縁で、酸・アルカリにも侵されにくい
  • 軽量でハンドリングに優れる
  • PE100グレード高密度ポリエチレン樹脂にカーボンブラック配合で耐候性に優れ露出配管にも適用可能
  • 可とう性があり、強い衝撃でも割れにくい
  • 音、振動を伝えにくく、地震にも強い
  • 配管系全体の圧力損失を軽減
  • 最大許容圧2.5~0.4MPa(20℃かつ外圧0の場合)
  • -40℃でも柔軟性を保持し、砕け散りにくい
  • 熱伝導率が低く、外気の影響を受けにくい
  • EF接合及びバット融着接合は水密性において高い信頼性
  • 継手類の品揃えが豊富で様々な設計と施工に対応
  • 各種機器との接合にはフランジアダプターや変換継手で対応

特長

1.ISO4427に準拠した管・継手で、品揃えが豊富

 国際規格ISO4427シリーズに準拠したサイズ(OD20~1000)の管及び継手類を取り揃えていますので、幅広い用途での設計に対応する事ができます。また、JISサイズの鋼製フランジや管用ねじとの接続には、フランジアダプターや変換継手を用意しております。

2.管・継手ともPE100グレード高密度ポリエチレン樹脂を使用

 全ての管・継手とも、50年後の残存強度が10MPa以上あるとされるPE100グレード高密度ポリエチレン樹脂を使っており、インフラ管材として、長期の寿命が期待できます。

3.接合はガス・水道用で評価の高いEF接合及びバット融着接合を採用

 EF接合及びバット融着接合は、接合部が溶融一体化するため、水密性において高い信頼性を有しています。

4.ポリエチレン樹脂に特有の一般特性も具備

「材料物性に関して」
耐蝕・耐薬品性の良さ--- 錆と無縁で、酸・アルカリにも侵されにくい

「システム・施工に関して」
軽量のため、施工が楽にできます

5.優れた耐震性

接合部を溶融一体化する接合方法(EF接合/バット融着接合)と、管自体の可とう性により、優れた耐震性能を有します。

EF接合とは?

EF接合とは?

インジケーターのしくみ
  1. ①溶融したポリエチレンの体積膨張(150%)で、継手とパイプの隙間が充填される。
  2. ②隙間が完全に充填されると、逃げ場のなくなったPE樹脂で内圧が発生し、インジケーターを押し上げる。
  3. ③インジケーターの隆起で、隙間が完全に充填され、漏洩の心配がなくなったことを確認できる。

インジケーターのしくみ

  • 特長
  • ソリューション・事例
  • 仕様
  • よくあるご質問
  • 資料

ページのTOPへ

商品一覧